2018年06月23日

PDFからテキストをコピペで抜き出すとき

もとのレイアウトの構成がなんとなく見えるような、というメモ。

20180623_pdf-indesign.jpg

ノンブルも含めてコピペしたいのに、見出しだけしか選べない!
というときは、作りが以下のようになってんじゃないかなとかそういう。

20180623_pdf-indesign2.jpg

上から下までズワっと選びたいのに順番があっちこっち飛ぶのは、テキストボックスの重ね順関係のなにかでしょうか的な。
20180623_pdf-indesign3.jpg


こっちは、右下のキャラクターシート(PDF)をマスクして重ね貼りしてるけど、PDF的にはマスク外のデータも残ってるので、コピペしようとすると、いらんとこも出てくるって話。
20180623_pdf-indesign4.jpg

20180623_pdf-indesign5.jpg



PDFにしたときにコピペしやすい制作手法…って、なんかこう、得体の知れない格闘技の流派っぽいですな。
あ、でも、自動処理用の入力(PDF)の標準化って視点で見れば、無駄というわけでもないかしら。いや、(制作者依存の技術というアレな)そんなんに頼るよりは、画像化してOCRやるほうが(技術が進んでるから)手間は少ない気はしますが。


posted by あまおかさん at 14:50 | DTP

2018年06月14日

ClaroのInDesignプラグイン(JobClient)のインストール

InDesignに取り憑いて、画像のリサイズやトリミング最適化とかやってくれるプラグイン(JobClient)があって、それをインストールしたらなんか上手いことイカンので、結局手動でインストールしようとするけど上手く行かず。

1)Claroのサーバにアクセス。http://(Claroのアドレス):8080/claro
2)インストーラをダウンロードできるよアイコンがいくつか見えるので、JobClientのを選んでダウンロード
3)インストーラを起動すると、CCのバージョンを選んで、インストールの場所も選んで(たぶん自動)ゴー
4)インストールできたらInDesignを起動。起動してたらいっぺん落として起動。
5)メニュー「ウィンドウ→(一番下に)ClaroJC」が出てくるんで、言語を日本語に変えて、Claroのアドレスとか設定

のハズなんだけど、CC2018用にインストールしてもプラグインとしてメニューに現れない。Plugi-Insフォルダを見ると、リソースのフォルダはあっても、.aplnファイルが無い。どうもこれが原因…?

JobClientはProgram Filesにもフォルダを作るのでそちらを見るとインストールログも残ってる。そこ見ても.aplnファイルを作った形跡が無い。cc2017用とcc2018用のデータサイズが明らかに違うので、そもそもaplnを作らない…?
20180614_claro.jpg
ためしにcc2017用(こっちには有った)JobClient.aplnとリソースをCC2018に入れるとパス関連のエラーっぽいのが。
むむむむむ 明日代理店に問い合わせてみよう。そもそもCS6版とかは今でも有るのかとかそういうのも。


posted by あまおかさん at 18:01 | DTP

2018年06月08日

WordのフォントがMS MinchoであってMS明朝でない

 某国際機関の冊子を増刷するってんで、改訂版として入稿されたのはもちろんWord。
 まずはフォントのチェックだぜと「Wordのオプション→詳細設定→フォントの置換」を見ると、「MS Mincho/MS Gothic」を「Times New Roman」に置き換えるぜ宣言がサラッと。本文を見ると「MS明朝(本文の〜)」とかあって、これはアレだ、MS MinchoがMS明朝と認識されてないっぽい。
 ぐぐったけど、英語Windowsに日本語入れるには? みたいなのしか無い。
 しばらく悩んで、先方で使ってる環境が英語Windows+日本語言語パックなんじゃねぇの的な思いつきから、Windowsにシステムロケールで英語と認識させれば良いんじゃないかと英語に切り替えたらスルっと認識しましたよ。再起動が必要だからちょっと億劫なんだけどね、こういう設定切り替え。

20180608_word.jpg

20180608_word2.jpg

前回制作された環境と、OSから言語環境からWordのバージョンから全部違うっぽく、全面で変更かかってるけど担当者が全く気づいてないっぽいので、さてどうしよう的な問題のほうが大きいのでした。Wordは前回がどうだろうと、もらったものそのまま出すってほうがいいやね。

いやまぁ、レイアウトデータまるごと再入稿するワークフローの場合、初校で作業した内容をトレースできるなら良いけど、そうじゃないなら手を付けないことを徹底しないとヤバくてしょうがない。

※Office for MacだとMS Minchoかもしれない気が。OSの違いってめんどい


posted by あまおかさん at 10:13 | DTP

2018年01月19日

Output Factory2 @Zevrix

カナダのInDesign用ツール。

InDesignからPDFを書き出すのに、うっかりリンク切れを無視してPDF作っちゃったり、プリセットを選び間違えて事故ったりすることがちょこちょことあって、んじゃ、もちょっとミスらないツールはねーかと見つけたのがOutput Factory。

InDesignに出力用UIを別に作ったって感じで、実際の動作は全部InDesignがやるし、設定なんかもInDesignから引っ張るので、OutputFacotry自体は何もしないかも。

これってアレね、製版部門が無くてCTP&印刷だけの会社で使う感じ。フォルダを丸ごとパネルに放り込めば、同じ設定で自動出力(つっても、InDesignが動くけど)できます。Server版はホットフォルダなので、もっと楽かも。

めずらしくPDFの単ページ出力機能(Export as Single Pages)があるんで、弊社としてもそのへん都合良いな。
20180119_zev.jpg

問題は英語なので、現場で使ってもらうにはハードルが。



posted by あまおかさん at 15:39 | DTP

2017年11月29日

Hardware Against Software Piracy

検版ソフトProofCheckerProのデモ版(メーカー借り)を使おうとしたけど、WindowsのUSBドングル用ドライバがWin8までっぽい。Win10な自機へのドライバインスコがエラー吐くのよ。
たぶん現行のバージョンになった4年前から替えてないんじゃなかろうかデモ版CDの中身を。

なのでUSBドライバを探してネットへ。
HASPハードウェアキーはイスラエルのAladdin Knowledge Systemsが開発して、
Aladdinは数年前にファンドに買われてアメリカのSafeNetと経営統合、
んでSafeNetは2年前にオランダのGemaltoに売られて現在に至る…ので、
ドライバの探す先はGemalto(ジェムアルト)。

posted by あまおかさん at 17:39 | DTP