2018年10月22日

メモ:Acronis Files Connect

何らかの理由でストレージ/ボリュームがOSから切り離された場合、OSが当該ストレージやボリュームを再マウントしてWindows上で認識し、AFC(旧ExtreamZ-IPね)のパネルからボリュームが見えていても、OSのサービス( Acronis Access Connect File and Print Server for Macintosh )を再起動しないとクライアントから共有ボリュームが見えない。
 smb://〜で接続できてて、afp://〜じゃダメ、って時に弄る話。

素人向け作業指示書としてサーバに貼っておくならWindowsサーバの再起動でも良いけど、サーバだし…再起動したくないし…


macOSのファイル共有プロトコルがsmbに完全に変わったらスコンと忘れていい話題ね。


#2022年現在、2015年のアップデートから何も動きがないので、このまま死んじゃうっぽい。

posted by あまおかさん at 09:13 | server